三河から行きたい!お出かけ観光ガイド

三千院、わらべ地蔵に会いに行こう

time 2017/04/23

三千院、わらべ地蔵に会いに行こう

京都といえば、伏見稲荷に行って、清水寺に行って、祇園あたりをぶらぶらしてがよく行くコースだったのですが、今回は観光客でごった返すこれらのスポットではなく、京都大原にある三千院について紹介します。

訪問日:2017年3月19日(日)

sponsored link

京都大原エリアとは

大原エリアは京都市の北東部に位置しており、山々に囲まれたのどかなエリアです。清水寺などは観光客でごった返していますが、大原エリアはほどほどの観光客数で静かな京都を楽しむことができます。

京都南インターから車で一時間位で行くことができます。

比叡山延暦寺の近くに有ることから、天台宗系のお寺が多くあります。今回の三千院も手代周系寺院になります。

三千院とは

三千院

もともとは比叡山に建立された小さなお堂として建てられ、移転を経て約1200年の歴史をもっております。

JR東海のテレビCM「そうだ京都、行こう」でも取り上げられています。CMでは秋頃、紅葉の時期の紹介だったので今回の苔の雰囲気とは少々違うかもしれません。

境内はこんな感じ

三千院

門から入ると、中は結構広いです。

ちなみに、三千院公式ページで公開されている案内マップは↓です。

三千院 案内図

出典:www.sanzenin.or.jp

受付でチケットを購入して、中を見学しましょう。

三千院

御朱印スポットあります

朱印スポットが3つほどあります。

  • 朱印1:金色不動明王・弁財天
  • 朱印2:観音菩薩
  • 朱印3:薬師如来・阿弥陀三尊

もし、御朱印集めをしているのであればこちらもチェックです。

 

苔との調和が素晴らしい。わらべ地蔵

三千院

わらべ地蔵に逢いたくて、三千院を訪れたと言っても過言ではありません。

インスタで見て、一目惚れして京都まで行きました!

実際に訪れると、わらべ地蔵はひっそりと佇んでいます。注意してみないと見落としてしまうかもしれません。ただ、人だかりになっている気もするので大丈夫だとは思いますが^^

三千院

寝そべっている子もいます。

三千院

ちょっと種類は違いますが、こんな子もいます。

わらべ地蔵とは別の場所に

三千院

頭に苔をはやしたお地蔵さんもいます。わらべ地蔵とは場所が違うので注意です。

案内図でいうところの、金色不動堂左手、休憩所付近にいます。探してみてください。

三千院の前にはお土産屋さんや御食事処あり

三千院

門前町として、お土産屋さんや御食事処もあるので大原で歩き疲れたあと、立ち寄ってみるのもいいかもしれません。

志ば久のアイスきゅうり

三千院に来たらなら、是非食べたいのが志ば久(しばきゅう)のアイスきゅうりです!

アイスと言っても、アイスクリームではなく、キンキンに冷やした漬物きゅうりのことです。

志ば久のアイスきゅうり

出典:www.shibakyu.jp

きゅうり以外にも、アイス大根なんかもあるとのことです。

お店の場所は注意が必要

車で来た場合、駐車場と三千院の間ではなく、一本道が違うため注意が必要です。

三千院

粘れば無料駐車場あります

三千院

三千院の駐車場は坂の途中に何個か点在しています。だいたい500円位です。ただ、ほんとうに直前まで駐車場はあるため、看板を見つけても入らず、粘ってもいいかもしれません。

三千院

コーヒー飲むと駐車場が無料で使えるそうです。三千院に行く前に下調べしたときに、ブログで紹介されていました。

三千院

この先のにもまだ駐車場あります。400円のところと無料のところがあります。ただ、道幅は細くなっていき、歩いている人も増えるため、運転に自身がなかったり、無駄なストレスを感じたくないのであればこのあたりの駐車場に停めて、散歩するのもいいかもしれません。

このあたりが最後の駐車場

三千院

この風景が見えてきたら、最後の駐車場スポットのため停める方向で探しましょう!

この奥に無料駐車場があります。

アクセス方法

駐車場

駐車場は500円、400円、無料があります。詳しくは、↑で写真付きで紹介していますので、参考にしてください。

ナビ検索ワード

「三千院(さんぜんいん)」
075-744-2531
京都市左京区大原来迎院町540

GoogleMap

sponsored link

にほんブログ村 旅行ブログ 東海お出かけスポットへ にほんブログ村 旅行ブログ 東海旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ

down

コメントする