三河から行きたい!お出かけ観光ガイド

新緑の香嵐渓で五平餅を食べる

time 2017/06/04

新緑の香嵐渓で五平餅を食べる

紅葉で有名な愛知県豊田市にある「香嵐渓」は、秋だけじゃない!新緑もキレイということで、初夏の5月に訪れ、五平餅を食べてきました。

訪問日:2017年5月1日(月)

sponsored link

香嵐渓(こうらんけい)ってどんなところ?

愛知県豊田市足助町にある渓谷で、数多くの紅葉が植えられており、秋にはライトアップもされ、人がどっと押し寄せるスポットです。

本当のオンシーズンになると、香嵐渓へ続く道がものすごい渋滞して、渋滞10kmとかになります。情報番組で、紅葉情報と渋滞情報が一緒によく放送されています。

上の写真になる「赤い橋」が有名で、『紅葉と、川に映る紅葉と、赤い橋』がポスターなんかにされています。

初夏の混み具合は?

香嵐渓(初夏)

紅葉の時期と打って変わって、初夏は人がまばらで、散策に適しています。

秋は赤く彩られる道も、初夏は緑がいっぱいです。カメラ片手に気ままに歩いてみると、気持ちいいです。

駐車場は停めやすい?

香嵐渓(初夏)

紅葉シーズンだと渋滞+駐車場もなかなか空いていないのですが、初夏の新緑シーズンはそんなこともなく。ゆったりと停めることができます。

一回300円の駐車場なんかもあり、お得に楽しめます。通り沿いに看板が出ているのでわかりやすいです。詳しくは↓の方にGoogleMap載せてあるので、ご確認ください。

見どころ、楽しみ方は?

香嵐渓(初夏)

新緑シーズンであれば、なんといっても緑の中の散歩です!このときはGWで、こどもの日の前だったので鯉のぼりがいたるところに飾ってありました。

新緑の中に、赤色の鯉のぼりがいい感じに映えています。

カフェスペースもあります

香嵐渓(初夏)

散策の途中、休憩するのにちょうどよいカフェスペースもあります。ソフトクリームや、ケーキなんかもあるので、ちょっと一休みができます。

おすすめポイントは?

香嵐渓(初夏)

香嵐渓の川沿いを奥まで歩いた先にある吊橋付近にあるお店がおすすめです。ラムネの文字がいい雰囲気出しています。

茅葺屋根が特徴的な「川見茶屋」さんです。囲炉裏があったりします。

足助名物「五平餅」

香嵐渓(初夏)

五平餅と田楽、そば、わらび餅がセットになった「五平餅定食」がおすすめです。香嵐渓を散策し、五平餅定食を食べてもう一度引き返す。そんな初夏の香嵐渓をご提案します。

アクセス方法

駐車場

有料の駐車場があります。安いところだと300円のところがあります。基本は500円くらいです。

香嵐渓(初夏)

ナビ検索ワード

「香嵐渓(こうらんけい)」
愛知県豊田市足助町飯盛26

GoogleMap

sponsored link

にほんブログ村 旅行ブログ 東海お出かけスポットへ にほんブログ村 旅行ブログ 東海旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ

down

コメントする